銀行カードローンの記事一覧

ネットからの申し込みだけに限らず、店頭であっても、無人契約機であっても、消費者金融や銀行カードローンなどでお金を借りる場合は審査があります。そこで気になるのが審査時間だと思います。審査時間はネットでのキャッシングだと最近は最短30分とか1時間とか書いていますが実際はどうなのか?もっと早い?遅い?大手と中小の消費者金融だったら違うのか?その辺りを詳しく説明します。

各商品別の審査時間について

1.銀行カードローンの審査時間

銀行カードローンは銀行であるがゆえにどうしても審査に時間がかかってしまうイメージがあります。また審査自体も厳しいっていうイメージがぬぐえないですね。ただ実際は違うようです。最近ではCMでもやっていますがその銀行に口座を持っていなくても、他社借り入れがあっても問題なく借り入れできる場合が多いようです。もちろん支払い能力がなかったり、収入が極端に低かったり、事故情報が多かったりするとまた別ですが、それほど多数の消費者金融を利用していなくて、つまり他社借入件数がそれほど多くなく、ちゃんと返済している場合は審査にも通りやすいようですね。

過去に借金の踏み倒しや、任意整理、自己破産などをやったことがある人はどうか分かりません。過去といっても10年以上前の話であれば大丈夫だと思います(事故情報は確か7年で消えます)。

また最近は銀行もおまとめローンとかもやっているので多重債務者でも申し込みをしてみる価値はあるでしょう。

それで本題の審査時間ですが、基本的に審査時間は銀行も最近では早いです。特にその日のうちに融資までしてもらえる場合も多いのでもしお金を借りるのであれば最初は銀行系がよいでしょう。

午前中に申し込みを完了すればその日のうちに振り込んでもらえたり、近くの銀行でカードを受け取れたりできるところもあります。何よりも消費者金融と比較してのメリットは銀行なので人目を気にせずに窓口にいけるという点ですね。

2.消費者金融のカードローンの審査時間

消費者金融の借り入れ審査の時間は基本早いです。ネットでも30分~1時間ぐらいが最も多いでしょう。また無人契約機や窓口に直接行けばさらに早くなります。無人契約機であればその場についてからお金を得て出てくるまで長くても1時間もかかりません。

これは窓口も同じですがネットと違ってリアルタイムで審査してもらえるため非常に早くなります。

特に窓口の場合は直接人と接するため、ちゃんとした対応をすることによってネットよりも審査に通りやすくなる場合もあるようです。というのも消費者金融の場合お金を貸すかどうかの最終的な判断はその店舗の店長の裁量によるものだそうです。

また消費者金融自体もお金を貸さないと商売にならないため曜日や日によって(例えば月末とか)は多少審査がゆるくなったりすることもあるようです。

 

消費者金融の審査, 銀行カードローン