車金融の記事一覧

消費者金融でお金を借りる場合ブラックリストという言葉をよく耳にします。

ブラックリストとはつまり多重債務者や過去に自己破産をした事のある人、過去に債務整理などをしたことのある人を指します。

ただ明確にブラックかどうかと決まっているわけではありませんが、金融事故、つまり延滞履歴や自己破産、債務整理などの履歴を持っている人は一般的にはブラックといわれています。ただ多重債務者とひとくちに言っても何件から借り入れをしたら多重債務者になるかという明確なものもありません。

一般的に多重債務者はあちこちからお金を借りて、返済が困難な状態に陥っている人のことを指すようですので、複数の消費者金融やクレジットカード会社から借り入れをしていても毎月らくらく返済をしていれば多重債務者には当たらない?のかもしれません。

それ以外に、過去に破産履歴などがなく、多重債務でもない場合であっても短期間に申込を繰り返すと申し込みブラックといわれる場合があります。特にこういった申込ブラックというリストがあるわけではありませんが、例えばあなたがA社からお金を借りようとして申込をした場合、A社があなたの情報を信用情報機関に問い合わせてあなたの情報をチェックします。

その時点であなたの信用情報に「A社からの照会履歴」が残ってしまいます。

つまりA社からの照会履歴が残った状態で、A社に断られたら今度はB社にそしてB社でも同じ状態になり、今度はC社・・・となると、どんどんどんどん審査に通る可能性が低くなってしまうのです。

そのためあらかじめ最低限は審査に通りそうなところを選んでおくというのもひとつの方法です。

ブラックでも借りられる消費者金融はあるのか?

ではまずこの問題についてですが、

結論から言うと、ブラックでも借りられる消費者金融はあります。

ただ、先ほども述べたようにブラックといってもいろんな種類があり、一言でブラックと決められるわけではありません。

例えば、過去に一度も延滞情報などがない人であっても収入が極端に安かったり、独身、一人暮らしである場合、過去に自己破産履歴がある人でも家族がいてマイホームがあって、職種も公務員等の安定した職業などであれば、全く評価は異なってきます。

全社の人はホワイトではあるけど収入は低いし、一人暮らしで独身の場合は属性的には低くなります。後者の場合は社会的な地位があって家族、マイホームがあれば属性は高いので、ブラックであっても課してくれるところはたくさんあるでしょう。

また過去に自己破産履歴があるといってもその内容がどういったものかにもよります。信用情報機関にはどれくらい記載されるのかどうか分かりませんが、例えば両親の作った借金を肩代わりしたなどの場合と、自分でギャンブルにはまって作ってしまった借金という場合では全く異なります。

どちらにしても状況に応じて申込をする消費者金融をチョイスするのが良いでしょう。

かなり前に自己破産等してそれ以降は事故情報もなくきっちりと生活をしているのであれば、大手や銀行系カードローンでも課してくれる可能性はあります。

逆に現時点で多重債務に陥りかけている人や毎月の返済が遅れがちな人に関しては大手はあきらめて(というかすでに大手では借りてしまっている人が多いでしょう)、中堅消費者金融といわれている街の小さな消費者金融あたり、少し前までは街金と呼ばれていたところなどあたりのほうが、はるかに審査には通りやすいと思います。

多重債務に陥ってしまったら

多重債務に陥ってしまうと、もうどこもお金を貸してくれないようになってきます。

そうすると、どうしてもお金を求めて闇金に手を出す方が多いです。しかし、闇金は非常に高金利になりますから、返済はかなり困難です。そうなってしまったら、もうお終いだといえるでしょう。 ですから多重債務で苦しんでしまった時には、闇金ではなく弁護士に頼り相談だけでもしてみる事にしましょう。債務整理などで借金を減らす事ができる可能性もありますし、おまとめローンの利用などもあるので、なにもいきなり闇金に手をだす事はありません。

もしも今多重債務で苦しんでいるという方がいましたら、是非ともこれらの事は参考になさってみてください。参考になればと思います。
[/ip5_box]

多重債務になったらどうする

あまりにも簡単に借りれてしまい、気が付いたら多重債務となってしまっていた。そうすると生活にも支障をきたすようになり、返済のために借り入れをしてしまうようになります。これまでは簡単であった審査も、他社借り入れが3件を超えるようになると徐々に審査も厳しくなってきます。

そして、他社借り入れが5件を超えるようになると、どこも貸してくれなくなります。 多重債務と感じたら、とにかく早めに手を打つことが大切です。

返済などに遅れがなく、信用情報に傷がなければおまとめローンで凌げる可能性もあります。ただし、おまとめローンでも借り換え専用ローンを選択することが重要です。返済専用ローンでにとなかなか残高が減りません。

既に手遅れでおまとめローンも申し込めない場合は、弁護士さんか行政書士さんに早めに連絡することです。ほとんどの場合、無料で相談できます。とにかく、早めの相談がポイントです。

闇金は弁護士に相談

闇金は手をだしてしまわないという事が一番なのですが、もしも万が一てを出してしまうと、その高金利から逃れるという事はなかなか難しいでしょう。 ですからもしも闇金を利用してしまった時には、自分の力で解決をしようとしてしまわずに、弁護士を間に入れるようにしましょう。

弁護士の中でも特に闇金などの問題に強いという弁護士もいますから、そういった方を頼ると良いでしょう。弁護士にはお金はかかりますが、闇金から逃げるためにはそれしか良い方法はありません。

相談だけなら無料相談というものを多くの弁護士事務所が行なっていますから、そういったものを是非とも利用なさってみてはいかがでしょうか。これらの事が参考になればと思います。

 

 

 

ソフト闇金, 中堅消費者金融(中小消費者金融), 審査が甘い消費者金融, 消費者金融の審査, 車金融, 闇金

本当にお金に困ってしまった場合どうするか?まあいろんな方法があります。

車でお金を借りようとする人はかなり切羽詰っている人であると推測されます。

通常お金がなくて困っても誰かに借りるとか手持ちのクレジットカードでキャッシングするとか、それでもだめなら消費者金融で借りるという手もあります。特に借金がある人でなければこのどれかで簡単にお金を借りることもできるでしょう。

ただクレジットカードは限度額いっぱいまで使いきり、消費者金融もすでに枠いっぱいで複数のところから借りてしまっている状態で、なおかつ新しく借り入れができない、審査に通らない、申込をしても否決される人、そんな時に頭に思い浮かぶのが車金融です。

実際このサイトでも車金融や車でお金を借りる等のキーワードで検索されています。

車金融についての詳しい情報

車金融ではたいてい「乗ったまま融資可能」といったうたい文句で広告を出していたり、ホームページを持っていたりします。

また東京や名古屋、大阪、福岡などの大きな都市では必ず車金融は探せばいくつか出ています。いちおう闇金とかではなくちゃんと店舗を持って運営しているところもあるようですので、どうしても困ったときにはこういったところを使うのもひとつの手かもしれません。

但し、次のいくつかのことは必ず心に留めておく必要があります。

それはまず金利が高いこと。法定内金利の最大18.0%であれば問題ないでしょう。それ以上高い場合は闇金とかの場合もあるので気をつける必要があります。

次に査定額です。お金を借りるときは車金融ですので車に乗っていく必要があります。そして現地で査定をしてもらってそこで査定額、というか融資可能額が決まります。他の消費者金融と違うのは信用情報に基づいた審査ではなくて車の査定額に基づいた審査ということです。

そのため査定額が高ければ大きく融資を受けることも可能です。

しかし、車金融の査定額ははっきり言ってもの凄く安いです。

たぶん、えっ!?て思うぐらい安いと思います。

車金融はあくまでも金融屋で車買取査定が本業ではないこと、そして大手の買取センターのような販売ネットワークを持っているわけではないことが挙げられます。つまりどう転んでも絶対に損しない金額しか貸してくれないと思います。

そしてもうひとつ。

あくまでも車を担保にお金を借りるわけですから、名義変更をさせられます。つまりあなたの車ではなくなるのです。名義人はそこの金融屋さんの名義になりあなたがその車を借りているということになります。

もちろんお金をちゃんと返していれば特に問題はないし、最終的に完済すれば名義は元に戻してもらえます。

但し、その間は車を売却することはできなくなるし、いろいろと不便なことが起こります。例えば事故した場合とか・・・

どうして名義変更をするかというともしあなたがお金を返せなくなったらだまって車を持っていかれるからです。車の鍵もひとつは預けておかないといけないでしょう。

ということもあって車金融は普通の消費者金融と違ってなかなか大変、というかいろいろと面倒ですね。

あと車の査定額がそこそこ、例えば100万円ぐらいいくのであればヤフーオークションで売ってみるとか、買い取り専門店でいったん売却したほうがよっぽどいいと思います。

どうしても足が必要であれば100万円の車を売って、しばらく借金が減るまでは30万円くらいの車で我慢するという方法もあります。

車金融を利用するする時の注意点

車金融は自分の車を担保としてお金の借り入れできるというシステムです。基本的には車の利用しながら融資が受けられることが多いので、今すぐにお金がほしいが、車を売却などをしたくないと言う人に向いています。

車を担保にするのですから、車の所有を証明できれば審査を受けることがないので、審査と受けることが嫌だとか審査が通らないような人手も借りることができます。ただし違法な業者も多いので注意することが必要で、担保としての車をかなり安く査定して、返済できない場合には担保の回収として車を持っていかれるという場合もかなりあるようです。なぜなら車金融の悪徳業者の多くが担保としての車をやすく回収する目的があるからです。

愛車を担保にお金を借りる車金融

一般的に、お金を借りる際には担保と呼ばれるものが必要になります。

それなりに値打ちの有る物を担保として預かることで、主に土地や建物といった不動産が一般的ではあるのですが、他にも車でお金を借りる車金融というのもあります。

車金融では、ブラックリストに載っている人でも融資が下りないと言うことは殆どありません。

自動車という担保があるのがその理由なのですが、その代わり少しでも返済が滞るとすぐに車は差し押さえられてしまいます。

また、最近では担保には入れる物の継続して使用出来るという車金融もありますが、こういった場合にはレンタル扱いとなって利用料金が発生することが殆どです。

車を預けるのと継続利用する場合では融資額に差が出ますので、利用する場合にはそういうことも考えておくべきでしょう。

車でお金を借りる消費者金融

雑誌の広告や街中の看板などで車でお金を借りるという宣伝文句をご覧になった方も多いでしょう。

このような車金融は自分の名義の車さえ持っていれば、お金を借りやすい仕組みとなっていて今すぐお金がほしいという人にはうってつけの融資方法かもしれません。

車を質に入れるようなものと勘違いされそうですが、その仕組みは意外と複雑な場合が多いようです。

その一例は、車の名義を金融業者の名義に変更することで車の代金を払うという名目で融資します。

つまり一旦自分の車を業者に売って現金を受け取り、ローンを返済するという形になります。

金利は一般的な消費者金融と同じレベルの場合が多いようですが、手続きのための手数料が数万円ほどかかる場合があるようです。

ブラック, 車金融