消費者金融の審査の記事一覧

消費者金融でお金を借りる場合ブラックリストという言葉をよく耳にします。

ブラックリストとはつまり多重債務者や過去に自己破産をした事のある人、過去に債務整理などをしたことのある人を指します。

ただ明確にブラックかどうかと決まっているわけではありませんが、金融事故、つまり延滞履歴や自己破産、債務整理などの履歴を持っている人は一般的にはブラックといわれています。ただ多重債務者とひとくちに言っても何件から借り入れをしたら多重債務者になるかという明確なものもありません。

一般的に多重債務者はあちこちからお金を借りて、返済が困難な状態に陥っている人のことを指すようですので、複数の消費者金融やクレジットカード会社から借り入れをしていても毎月らくらく返済をしていれば多重債務者には当たらない?のかもしれません。

それ以外に、過去に破産履歴などがなく、多重債務でもない場合であっても短期間に申込を繰り返すと申し込みブラックといわれる場合があります。特にこういった申込ブラックというリストがあるわけではありませんが、例えばあなたがA社からお金を借りようとして申込をした場合、A社があなたの情報を信用情報機関に問い合わせてあなたの情報をチェックします。

その時点であなたの信用情報に「A社からの照会履歴」が残ってしまいます。

つまりA社からの照会履歴が残った状態で、A社に断られたら今度はB社にそしてB社でも同じ状態になり、今度はC社・・・となると、どんどんどんどん審査に通る可能性が低くなってしまうのです。

そのためあらかじめ最低限は審査に通りそうなところを選んでおくというのもひとつの方法です。

ブラックでも借りられる消費者金融はあるのか?

ではまずこの問題についてですが、

結論から言うと、ブラックでも借りられる消費者金融はあります。

ただ、先ほども述べたようにブラックといってもいろんな種類があり、一言でブラックと決められるわけではありません。

例えば、過去に一度も延滞情報などがない人であっても収入が極端に安かったり、独身、一人暮らしである場合、過去に自己破産履歴がある人でも家族がいてマイホームがあって、職種も公務員等の安定した職業などであれば、全く評価は異なってきます。

全社の人はホワイトではあるけど収入は低いし、一人暮らしで独身の場合は属性的には低くなります。後者の場合は社会的な地位があって家族、マイホームがあれば属性は高いので、ブラックであっても課してくれるところはたくさんあるでしょう。

また過去に自己破産履歴があるといってもその内容がどういったものかにもよります。信用情報機関にはどれくらい記載されるのかどうか分かりませんが、例えば両親の作った借金を肩代わりしたなどの場合と、自分でギャンブルにはまって作ってしまった借金という場合では全く異なります。

どちらにしても状況に応じて申込をする消費者金融をチョイスするのが良いでしょう。

かなり前に自己破産等してそれ以降は事故情報もなくきっちりと生活をしているのであれば、大手や銀行系カードローンでも課してくれる可能性はあります。

逆に現時点で多重債務に陥りかけている人や毎月の返済が遅れがちな人に関しては大手はあきらめて(というかすでに大手では借りてしまっている人が多いでしょう)、中堅消費者金融といわれている街の小さな消費者金融あたり、少し前までは街金と呼ばれていたところなどあたりのほうが、はるかに審査には通りやすいと思います。

多重債務に陥ってしまったら

多重債務に陥ってしまうと、もうどこもお金を貸してくれないようになってきます。

そうすると、どうしてもお金を求めて闇金に手を出す方が多いです。しかし、闇金は非常に高金利になりますから、返済はかなり困難です。そうなってしまったら、もうお終いだといえるでしょう。 ですから多重債務で苦しんでしまった時には、闇金ではなく弁護士に頼り相談だけでもしてみる事にしましょう。債務整理などで借金を減らす事ができる可能性もありますし、おまとめローンの利用などもあるので、なにもいきなり闇金に手をだす事はありません。

もしも今多重債務で苦しんでいるという方がいましたら、是非ともこれらの事は参考になさってみてください。参考になればと思います。
[/ip5_box]

多重債務になったらどうする

あまりにも簡単に借りれてしまい、気が付いたら多重債務となってしまっていた。そうすると生活にも支障をきたすようになり、返済のために借り入れをしてしまうようになります。これまでは簡単であった審査も、他社借り入れが3件を超えるようになると徐々に審査も厳しくなってきます。

そして、他社借り入れが5件を超えるようになると、どこも貸してくれなくなります。 多重債務と感じたら、とにかく早めに手を打つことが大切です。

返済などに遅れがなく、信用情報に傷がなければおまとめローンで凌げる可能性もあります。ただし、おまとめローンでも借り換え専用ローンを選択することが重要です。返済専用ローンでにとなかなか残高が減りません。

既に手遅れでおまとめローンも申し込めない場合は、弁護士さんか行政書士さんに早めに連絡することです。ほとんどの場合、無料で相談できます。とにかく、早めの相談がポイントです。

闇金は弁護士に相談

闇金は手をだしてしまわないという事が一番なのですが、もしも万が一てを出してしまうと、その高金利から逃れるという事はなかなか難しいでしょう。 ですからもしも闇金を利用してしまった時には、自分の力で解決をしようとしてしまわずに、弁護士を間に入れるようにしましょう。

弁護士の中でも特に闇金などの問題に強いという弁護士もいますから、そういった方を頼ると良いでしょう。弁護士にはお金はかかりますが、闇金から逃げるためにはそれしか良い方法はありません。

相談だけなら無料相談というものを多くの弁護士事務所が行なっていますから、そういったものを是非とも利用なさってみてはいかがでしょうか。これらの事が参考になればと思います。

 

 

 

ソフト闇金, 中堅消費者金融(中小消費者金融), 審査が甘い消費者金融, 消費者金融の審査, 車金融, 闇金

消費者金融ではブラックという言葉が独り歩きしていますが、実際にはブラックリスとなるものが存在するわけではありません。ブラックリスト=信用情報機関に登録されているあなたの個人情報(信用情報)がそれにあたります。

例えば新しく消費者金融に申し込みをすると信用情報機関(JICCとかCIC)に照会されます。その時点で融資が決まれば特にそれ以上申し込む必要はないでしょう。

ですがそこでもし審査に通らなかった場合はまた他の業者に新たに融資の申し込みをすることになります。

つまりどうしても今日中にお金が必要な場合、極端な話審査に通るまで申し込みを続ける羽目になってしまう場合があります。それでも最終的に審査に通ればいいですが2件、3件、4件、5件と審査に通らない場合はどうなるのかというと申し込みブラックになってしまいます。

これもひとつのブラック情報です。最初から5件目に申し込んでいればすんなり審査に通ってたかもしれないのにもかかわらず、別のところから順に申し込みをしてしまったがゆえに5件目に申し込む頃には時すでに遅しな状態になっているわけです。

なので本来ならば審査は厳しいけど金利は安い銀行系などに先に申し込みをするほうがいいですが、どうしても今日中に現金が必要な場合は、確実に審査通りそうなところに申し込みをするほうがいい場合もあります。

そして少し余裕のある時に大手に乗り換えるとか銀行系に借り替えるとかという方法もあります。

ちなみにいわゆる申し込みブラックは短期間の申込の場合のことをいいますので、例えば申込の期間が3ヶ月とか半年とか開いていれば問題はないでしょう。

ブラックリストでも消費者金融

消費者金融を利用するにあたって、ブラックリストに載っている人や他社借り入れ3件など複数のご融資を抱えている人にとっては、審査に受かるかどうかということは非常に不安なことでもあります。

しかし、多重債務の人や申し込みブラックの人であっても借り入れやすいキャッシング会社もあるので、インターネットで借りやすい消費者金融を探すなどして、諦めずにいキャッシングを申し込むことも大切です。

借りたい理由を説明したりきちんと相談をすれば、多少高金利であってもお金を貸してくれたり、まとまった額ではなくとも少額お金を貸してくれる業者もあります。

消費者金融は手軽に申し込める点が一番の魅力であり、担保や保証人などが無くても誰でも簡単にお金を借り入れることが出来ます。

ブラックリストについて

よくブラックリストに載ってしまったので、お金を借りることができなくなってしまったということを聞きます。

一般にブラックリストといいますが、これは信用情報機関の個人信用情報の事故情報のことをいうことが一般的です。この個人信用情報の事故情報に記載されてしまうと通常の金融機関からキャッシングをすることはほぼ不可能になってしまいます。

いくら審査が甘いとか、借りやすいとか言われる業者であっても審査に通過することはありません。個人信用情報は業者が審査する際に最も重要視する基準であるということです。

個人信用情報の事故情報というブラックリストに載ってしまえばそれこそ闇金などの非合法の業者からしか借りれなくなってしまいます。

ブラックリスト後の借入

他社借り入れ3件や他社借り入れ4件等、多重債務に陥った方の中には、債務整理を行い借金を整理された方もいます。

一度債務整理を行うと、その後消費者金融を利用できるのか気になりますが、債務整理を行った消費者金融以外であれば、債務整理後一定期間が経過することで、ブラックリストもとけ再度利用することができます。

一定の期間の経過後、収入に問題がなければ借り入れすることができますので、お金が不足してしまった時には申し込んでみるとよいでしょう。

申し込みを行うことにより、お金に困ってしまった時にうまく利用していくことができますので、精神的なストレスなく生活を送っていけるようになってきます。

このように債務整理を行った後でも、お金を借りることはできるのです。

消費者金融の申し込みブラック

消費者金融のカードローンの審査は、信用情報機関への照会が中心です。信用情報機関には、多数の金融業者が加盟しており、利用履歴や借入残高等の重要情報を保管しています。この信用情報機関に、遅延や債務整理等を行った事が記録されている状態の事は、ブラックリストに載っていると表現されます。ブラックリストに載っている場合は、契約するだけの信用がない状態と認識されるので、審査に合格する事はありません。

信用情報機関は、申し込み、契約、借入、返済等の様々な情報が記録されています。短期間に何度も申し込みを行った場合は、申し込みブラックと表現されます。経済的に余裕がない状態と見なされるので、審査に悪影響を及ぼしてしまいます。ただし、申し込みブラックの場合は、遅延や債務整理を行った場合とは異なり、期間が長期化する事はありません。最後に申し込みを行ってから半年程度経過すれば、記録は削除されるからです。このために、審査に落ちてしまった場合は、最低でも半年が経過するまで待つのが有効です。

ブラックリストでも借りやすい消費者金融

ブラックリストの人や、信用情報が良くない人にとっては、消費者金融でお金を借りるという行為は少しハードルが高いと感じてしまうことはありがちです。

しかし、ソフト闇金のサービスなら少しくらい高金利であっても快くお金を貸してくれたり、車金融のサービスなら車でお金を借りることが出来たり、多重債務の人でも安心してお金を工面することが出来ます。

消費者金融は相談次第によっては少額ながらも限度額を用意してくれることも多いですし、他社借り入れ3件程度であれば全く問題なくスムーズに審査に合格できることも珍しくありません。

あまり有名では無い業者でもインターネットで探せば即日融資に対応していたり、ブラックの人も歓迎していることも多いので、どうしてもお金がほしい時には借りやすい消費者金融を探し、気軽に相談してみることが大切です。

ブラック, 消費者金融の審査