審査が甘い消費者金融の記事一覧

街金という言葉がありますが、街金とはいわゆる中堅どころの消費者金融のことで駅周辺などでよく見かける中小の消費者金融会社のことです。

街金が集まっている駅やビルなどはだいたい決まっていて、例えば大阪であれば○○駅や○○駅にたくさん集まっているというような感じでした。ご存知のようにグレーゾーン金利など貸金業法の改正によってほとんどの小さな消費者金融などは姿を消してしまいました。

もちろん現在でも街金と呼ばれる中堅消費者金融は残ってはいますが昔と比べれば劇的に少なくなっていて、以前あったたくさんあった駅でも今ではほとんど見かけないような状態になっています。

逆に言えば貸金業法の改正を乗り越えて現在も営業を続けているところは規模は大きくなくても健全な営業をしているところもたくさんあります。もちろんなかにはヤミ金のように法外な利息で営業しているところもありますが、基本的には店舗や専用のATMなどがあるところはまず間違いなくちゃんとした消費者金融であると思って間違いはないでしょう。さすがにヤミ金が店舗を持っていることはないでしょうから。

街金のメリット

街金のメリットはやはり審査が通りやすいということです。これは当たり前ですが大手の銀行や消費者金融と同じ審査基準で審査をしていれば仕事になりません。彼らは大手で断られた人や融資を受けられない人を対象にお金を貸しているわけですから、審査が甘いといわれるのは当たり前のことです。だからといって無職の人や返済の目処が立たない人、現時点で支払いが滞っている場合などはさすがに審査に通る可能性は極端に低いでしょう。

ですが大手で断られた方や審査に自信のない方は一度申し込みをしてみても良いかもしれませんね。

街金のデメリット

デメリットのひとつはまず金利高いということです。これはもちろんヤミ金のように法外な金利ということではなく、あくまでも法定内の金利ではありますが借入金額によっては上限いっぱいの金利に設定される可能性が高いでしょう。

もうひとつのデメリットは返済方法が大手のように選択肢が多くないということです。たいていはその金融会社内に設置されているATM、または振込みなどになるようです。振込みのみでしか対応していないところもありますので、土日を挟む場合などは注意が必要です。但し中堅どころでも比較的大きなところであれば大手のATMと提携している場合もあるため、そういったところであればコンビニなどで返済ができる場合もあるようです。

審査が甘い消費者金融

消費者金融でお金を借りる場合ブラックリストという言葉をよく耳にします。

ブラックリストとはつまり多重債務者や過去に自己破産をした事のある人、過去に債務整理などをしたことのある人を指します。

ただ明確にブラックかどうかと決まっているわけではありませんが、金融事故、つまり延滞履歴や自己破産、債務整理などの履歴を持っている人は一般的にはブラックといわれています。ただ多重債務者とひとくちに言っても何件から借り入れをしたら多重債務者になるかという明確なものもありません。

一般的に多重債務者はあちこちからお金を借りて、返済が困難な状態に陥っている人のことを指すようですので、複数の消費者金融やクレジットカード会社から借り入れをしていても毎月らくらく返済をしていれば多重債務者には当たらない?のかもしれません。

それ以外に、過去に破産履歴などがなく、多重債務でもない場合であっても短期間に申込を繰り返すと申し込みブラックといわれる場合があります。特にこういった申込ブラックというリストがあるわけではありませんが、例えばあなたがA社からお金を借りようとして申込をした場合、A社があなたの情報を信用情報機関に問い合わせてあなたの情報をチェックします。

その時点であなたの信用情報に「A社からの照会履歴」が残ってしまいます。

つまりA社からの照会履歴が残った状態で、A社に断られたら今度はB社にそしてB社でも同じ状態になり、今度はC社・・・となると、どんどんどんどん審査に通る可能性が低くなってしまうのです。

そのためあらかじめ最低限は審査に通りそうなところを選んでおくというのもひとつの方法です。

ブラックでも借りられる消費者金融はあるのか?

ではまずこの問題についてですが、

結論から言うと、ブラックでも借りられる消費者金融はあります。

ただ、先ほども述べたようにブラックといってもいろんな種類があり、一言でブラックと決められるわけではありません。

例えば、過去に一度も延滞情報などがない人であっても収入が極端に安かったり、独身、一人暮らしである場合、過去に自己破産履歴がある人でも家族がいてマイホームがあって、職種も公務員等の安定した職業などであれば、全く評価は異なってきます。

全社の人はホワイトではあるけど収入は低いし、一人暮らしで独身の場合は属性的には低くなります。後者の場合は社会的な地位があって家族、マイホームがあれば属性は高いので、ブラックであっても課してくれるところはたくさんあるでしょう。

また過去に自己破産履歴があるといってもその内容がどういったものかにもよります。信用情報機関にはどれくらい記載されるのかどうか分かりませんが、例えば両親の作った借金を肩代わりしたなどの場合と、自分でギャンブルにはまって作ってしまった借金という場合では全く異なります。

どちらにしても状況に応じて申込をする消費者金融をチョイスするのが良いでしょう。

かなり前に自己破産等してそれ以降は事故情報もなくきっちりと生活をしているのであれば、大手や銀行系カードローンでも課してくれる可能性はあります。

逆に現時点で多重債務に陥りかけている人や毎月の返済が遅れがちな人に関しては大手はあきらめて(というかすでに大手では借りてしまっている人が多いでしょう)、中堅消費者金融といわれている街の小さな消費者金融あたり、少し前までは街金と呼ばれていたところなどあたりのほうが、はるかに審査には通りやすいと思います。

多重債務に陥ってしまったら

多重債務に陥ってしまうと、もうどこもお金を貸してくれないようになってきます。

そうすると、どうしてもお金を求めて闇金に手を出す方が多いです。しかし、闇金は非常に高金利になりますから、返済はかなり困難です。そうなってしまったら、もうお終いだといえるでしょう。 ですから多重債務で苦しんでしまった時には、闇金ではなく弁護士に頼り相談だけでもしてみる事にしましょう。債務整理などで借金を減らす事ができる可能性もありますし、おまとめローンの利用などもあるので、なにもいきなり闇金に手をだす事はありません。

もしも今多重債務で苦しんでいるという方がいましたら、是非ともこれらの事は参考になさってみてください。参考になればと思います。
[/ip5_box]

多重債務になったらどうする

あまりにも簡単に借りれてしまい、気が付いたら多重債務となってしまっていた。そうすると生活にも支障をきたすようになり、返済のために借り入れをしてしまうようになります。これまでは簡単であった審査も、他社借り入れが3件を超えるようになると徐々に審査も厳しくなってきます。

そして、他社借り入れが5件を超えるようになると、どこも貸してくれなくなります。 多重債務と感じたら、とにかく早めに手を打つことが大切です。

返済などに遅れがなく、信用情報に傷がなければおまとめローンで凌げる可能性もあります。ただし、おまとめローンでも借り換え専用ローンを選択することが重要です。返済専用ローンでにとなかなか残高が減りません。

既に手遅れでおまとめローンも申し込めない場合は、弁護士さんか行政書士さんに早めに連絡することです。ほとんどの場合、無料で相談できます。とにかく、早めの相談がポイントです。

闇金は弁護士に相談

闇金は手をだしてしまわないという事が一番なのですが、もしも万が一てを出してしまうと、その高金利から逃れるという事はなかなか難しいでしょう。 ですからもしも闇金を利用してしまった時には、自分の力で解決をしようとしてしまわずに、弁護士を間に入れるようにしましょう。

弁護士の中でも特に闇金などの問題に強いという弁護士もいますから、そういった方を頼ると良いでしょう。弁護士にはお金はかかりますが、闇金から逃げるためにはそれしか良い方法はありません。

相談だけなら無料相談というものを多くの弁護士事務所が行なっていますから、そういったものを是非とも利用なさってみてはいかがでしょうか。これらの事が参考になればと思います。

 

 

 

ソフト闇金, 中堅消費者金融(中小消費者金融), 審査が甘い消費者金融, 消費者金融の審査, 車金融, 闇金