ブラックの記事一覧

本当にお金に困ってしまった場合どうするか?まあいろんな方法があります。

車でお金を借りようとする人はかなり切羽詰っている人であると推測されます。

通常お金がなくて困っても誰かに借りるとか手持ちのクレジットカードでキャッシングするとか、それでもだめなら消費者金融で借りるという手もあります。特に借金がある人でなければこのどれかで簡単にお金を借りることもできるでしょう。

ただクレジットカードは限度額いっぱいまで使いきり、消費者金融もすでに枠いっぱいで複数のところから借りてしまっている状態で、なおかつ新しく借り入れができない、審査に通らない、申込をしても否決される人、そんな時に頭に思い浮かぶのが車金融です。

実際このサイトでも車金融や車でお金を借りる等のキーワードで検索されています。

車金融についての詳しい情報

車金融ではたいてい「乗ったまま融資可能」といったうたい文句で広告を出していたり、ホームページを持っていたりします。

また東京や名古屋、大阪、福岡などの大きな都市では必ず車金融は探せばいくつか出ています。いちおう闇金とかではなくちゃんと店舗を持って運営しているところもあるようですので、どうしても困ったときにはこういったところを使うのもひとつの手かもしれません。

但し、次のいくつかのことは必ず心に留めておく必要があります。

それはまず金利が高いこと。法定内金利の最大18.0%であれば問題ないでしょう。それ以上高い場合は闇金とかの場合もあるので気をつける必要があります。

次に査定額です。お金を借りるときは車金融ですので車に乗っていく必要があります。そして現地で査定をしてもらってそこで査定額、というか融資可能額が決まります。他の消費者金融と違うのは信用情報に基づいた審査ではなくて車の査定額に基づいた審査ということです。

そのため査定額が高ければ大きく融資を受けることも可能です。

しかし、車金融の査定額ははっきり言ってもの凄く安いです。

たぶん、えっ!?て思うぐらい安いと思います。

車金融はあくまでも金融屋で車買取査定が本業ではないこと、そして大手の買取センターのような販売ネットワークを持っているわけではないことが挙げられます。つまりどう転んでも絶対に損しない金額しか貸してくれないと思います。

そしてもうひとつ。

あくまでも車を担保にお金を借りるわけですから、名義変更をさせられます。つまりあなたの車ではなくなるのです。名義人はそこの金融屋さんの名義になりあなたがその車を借りているということになります。

もちろんお金をちゃんと返していれば特に問題はないし、最終的に完済すれば名義は元に戻してもらえます。

但し、その間は車を売却することはできなくなるし、いろいろと不便なことが起こります。例えば事故した場合とか・・・

どうして名義変更をするかというともしあなたがお金を返せなくなったらだまって車を持っていかれるからです。車の鍵もひとつは預けておかないといけないでしょう。

ということもあって車金融は普通の消費者金融と違ってなかなか大変、というかいろいろと面倒ですね。

あと車の査定額がそこそこ、例えば100万円ぐらいいくのであればヤフーオークションで売ってみるとか、買い取り専門店でいったん売却したほうがよっぽどいいと思います。

どうしても足が必要であれば100万円の車を売って、しばらく借金が減るまでは30万円くらいの車で我慢するという方法もあります。

車金融を利用するする時の注意点

車金融は自分の車を担保としてお金の借り入れできるというシステムです。基本的には車の利用しながら融資が受けられることが多いので、今すぐにお金がほしいが、車を売却などをしたくないと言う人に向いています。

車を担保にするのですから、車の所有を証明できれば審査を受けることがないので、審査と受けることが嫌だとか審査が通らないような人手も借りることができます。ただし違法な業者も多いので注意することが必要で、担保としての車をかなり安く査定して、返済できない場合には担保の回収として車を持っていかれるという場合もかなりあるようです。なぜなら車金融の悪徳業者の多くが担保としての車をやすく回収する目的があるからです。

愛車を担保にお金を借りる車金融

一般的に、お金を借りる際には担保と呼ばれるものが必要になります。

それなりに値打ちの有る物を担保として預かることで、主に土地や建物といった不動産が一般的ではあるのですが、他にも車でお金を借りる車金融というのもあります。

車金融では、ブラックリストに載っている人でも融資が下りないと言うことは殆どありません。

自動車という担保があるのがその理由なのですが、その代わり少しでも返済が滞るとすぐに車は差し押さえられてしまいます。

また、最近では担保には入れる物の継続して使用出来るという車金融もありますが、こういった場合にはレンタル扱いとなって利用料金が発生することが殆どです。

車を預けるのと継続利用する場合では融資額に差が出ますので、利用する場合にはそういうことも考えておくべきでしょう。

車でお金を借りる消費者金融

雑誌の広告や街中の看板などで車でお金を借りるという宣伝文句をご覧になった方も多いでしょう。

このような車金融は自分の名義の車さえ持っていれば、お金を借りやすい仕組みとなっていて今すぐお金がほしいという人にはうってつけの融資方法かもしれません。

車を質に入れるようなものと勘違いされそうですが、その仕組みは意外と複雑な場合が多いようです。

その一例は、車の名義を金融業者の名義に変更することで車の代金を払うという名目で融資します。

つまり一旦自分の車を業者に売って現金を受け取り、ローンを返済するという形になります。

金利は一般的な消費者金融と同じレベルの場合が多いようですが、手続きのための手数料が数万円ほどかかる場合があるようです。

ブラック, 車金融

消費者金融ではブラックという言葉が独り歩きしていますが、実際にはブラックリスとなるものが存在するわけではありません。ブラックリスト=信用情報機関に登録されているあなたの個人情報(信用情報)がそれにあたります。

例えば新しく消費者金融に申し込みをすると信用情報機関(JICCとかCIC)に照会されます。その時点で融資が決まれば特にそれ以上申し込む必要はないでしょう。

ですがそこでもし審査に通らなかった場合はまた他の業者に新たに融資の申し込みをすることになります。

つまりどうしても今日中にお金が必要な場合、極端な話審査に通るまで申し込みを続ける羽目になってしまう場合があります。それでも最終的に審査に通ればいいですが2件、3件、4件、5件と審査に通らない場合はどうなるのかというと申し込みブラックになってしまいます。

これもひとつのブラック情報です。最初から5件目に申し込んでいればすんなり審査に通ってたかもしれないのにもかかわらず、別のところから順に申し込みをしてしまったがゆえに5件目に申し込む頃には時すでに遅しな状態になっているわけです。

なので本来ならば審査は厳しいけど金利は安い銀行系などに先に申し込みをするほうがいいですが、どうしても今日中に現金が必要な場合は、確実に審査通りそうなところに申し込みをするほうがいい場合もあります。

そして少し余裕のある時に大手に乗り換えるとか銀行系に借り替えるとかという方法もあります。

ちなみにいわゆる申し込みブラックは短期間の申込の場合のことをいいますので、例えば申込の期間が3ヶ月とか半年とか開いていれば問題はないでしょう。

ブラックリストでも消費者金融

消費者金融を利用するにあたって、ブラックリストに載っている人や他社借り入れ3件など複数のご融資を抱えている人にとっては、審査に受かるかどうかということは非常に不安なことでもあります。

しかし、多重債務の人や申し込みブラックの人であっても借り入れやすいキャッシング会社もあるので、インターネットで借りやすい消費者金融を探すなどして、諦めずにいキャッシングを申し込むことも大切です。

借りたい理由を説明したりきちんと相談をすれば、多少高金利であってもお金を貸してくれたり、まとまった額ではなくとも少額お金を貸してくれる業者もあります。

消費者金融は手軽に申し込める点が一番の魅力であり、担保や保証人などが無くても誰でも簡単にお金を借り入れることが出来ます。

ブラックリストについて

よくブラックリストに載ってしまったので、お金を借りることができなくなってしまったということを聞きます。

一般にブラックリストといいますが、これは信用情報機関の個人信用情報の事故情報のことをいうことが一般的です。この個人信用情報の事故情報に記載されてしまうと通常の金融機関からキャッシングをすることはほぼ不可能になってしまいます。

いくら審査が甘いとか、借りやすいとか言われる業者であっても審査に通過することはありません。個人信用情報は業者が審査する際に最も重要視する基準であるということです。

個人信用情報の事故情報というブラックリストに載ってしまえばそれこそ闇金などの非合法の業者からしか借りれなくなってしまいます。

ブラックリスト後の借入

他社借り入れ3件や他社借り入れ4件等、多重債務に陥った方の中には、債務整理を行い借金を整理された方もいます。

一度債務整理を行うと、その後消費者金融を利用できるのか気になりますが、債務整理を行った消費者金融以外であれば、債務整理後一定期間が経過することで、ブラックリストもとけ再度利用することができます。

一定の期間の経過後、収入に問題がなければ借り入れすることができますので、お金が不足してしまった時には申し込んでみるとよいでしょう。

申し込みを行うことにより、お金に困ってしまった時にうまく利用していくことができますので、精神的なストレスなく生活を送っていけるようになってきます。

このように債務整理を行った後でも、お金を借りることはできるのです。

消費者金融の申し込みブラック

消費者金融のカードローンの審査は、信用情報機関への照会が中心です。信用情報機関には、多数の金融業者が加盟しており、利用履歴や借入残高等の重要情報を保管しています。この信用情報機関に、遅延や債務整理等を行った事が記録されている状態の事は、ブラックリストに載っていると表現されます。ブラックリストに載っている場合は、契約するだけの信用がない状態と認識されるので、審査に合格する事はありません。

信用情報機関は、申し込み、契約、借入、返済等の様々な情報が記録されています。短期間に何度も申し込みを行った場合は、申し込みブラックと表現されます。経済的に余裕がない状態と見なされるので、審査に悪影響を及ぼしてしまいます。ただし、申し込みブラックの場合は、遅延や債務整理を行った場合とは異なり、期間が長期化する事はありません。最後に申し込みを行ってから半年程度経過すれば、記録は削除されるからです。このために、審査に落ちてしまった場合は、最低でも半年が経過するまで待つのが有効です。

ブラックリストでも借りやすい消費者金融

ブラックリストの人や、信用情報が良くない人にとっては、消費者金融でお金を借りるという行為は少しハードルが高いと感じてしまうことはありがちです。

しかし、ソフト闇金のサービスなら少しくらい高金利であっても快くお金を貸してくれたり、車金融のサービスなら車でお金を借りることが出来たり、多重債務の人でも安心してお金を工面することが出来ます。

消費者金融は相談次第によっては少額ながらも限度額を用意してくれることも多いですし、他社借り入れ3件程度であれば全く問題なくスムーズに審査に合格できることも珍しくありません。

あまり有名では無い業者でもインターネットで探せば即日融資に対応していたり、ブラックの人も歓迎していることも多いので、どうしてもお金がほしい時には借りやすい消費者金融を探し、気軽に相談してみることが大切です。

ブラック, 消費者金融の審査